ヒットショー 飛騨小坂の創業75年山林機器プロショップ【ヒットショー】は、代表的ソーチェンブランドOREGON正規販売店です。ソーチェン替え刃やメンテナンス用品、安全くさび、3枚刃、オイル、防護服、マイティーブーツ等をご用意しております。お役立ち情報も随時発信中!初心者の方もまずは一度、お気軽にお問い合わせ下さい。

ソーチェーンの基礎知識

ソーチェーン交換の基礎知識

 

手元のチェーンソーを使っていて、切れ味が悪くなったり、どうみてもそろそろ替え時だなぁと思うことがありますよね。毎日使っている方や刃の交換に慣れている方であれば、自分が持っているチェーンソーで使えるソーチェーンの刃を迷いなく購入して交換することもできると思います。

 

しかし!実際には「自分が使っているチェーンソーに適合したソーチェーンがよくわからない」という方は少なくありません。

「そういえば、使っているチェーンソーのブランドってなんだろう?」

「このチェーンの替刃はどこに売ってるんだろう?」

「そもそも、どんなチェーンを買ったらいいんだろう?」と疑問は後を絶ちません。

 

そこで、ソーチェーンを今すぐ替えたい方のために!情報を徐々にアップしていきます!

 

 

規格は不明だけれど、すぐにソーチェーンの替刃を手に入れたい方へ

まずはお手元にお持ちのチェーンソーをご用意してください!下記を3つの情報をご確認いただき0576-62-3993(ヒット商会)へお電話をください!

 

1.手元のチェーンソーのメーカー名と型番
2.今お使いのソーチェンの足の数:ソーチェーンの内側にある山形部分の数(ドライブリンクの数)
3.ガイドバーの側面に描かれている、プリントまたは刻印の英数字表記の全て

 

お電話口にて「ソーチェーンを購入したいが、品番(規格)が分からない。」とお伝えいただけましたら、当店代表の今井が対応させていただきます。※品番(規格)のことを、型番やサイズなどと伝えていただいても分かりますのでご安心ください。

 

適合表を利用したご自分での確認方法は順次アップしてゆきますので、まずはお電話にてご連絡ください!

 

お客さまとの個別お問い合わせリストです。参考にしてください。

 

 

 

交換すべきソーチェーンを調べて、直接購入したい方へ

 

いざ交換となったときに自分が使っている刃がどんな品番(規格)なのか知る必要があります。品番(規格)が分かれば、いつでもご自分で替え刃を注文できますよね。基本的に「ドライブリンクの数(チェーンのコマ数)」と「チェーンタイプ」の2つの情報で品番規格が確定します。

 

 

 

まずは、チェンソーの本体からソーチェーンとガイドバーを外しましょう

付属のコンビレンチでナットを外しカバー、ソーチェン、ガイドバーを外します。ソーチェーンが手元に無い場合には、目次から「ガイドバーでピッチとゲージを見てチェーンタイプを見つける」をクリックしてください。

 

 

 

 

 

 

STEP1 ソーチェーンの「ドライブリンクの数(チェーンの長さ)」を調べる

ドライブリンクとは、ガイドバーの溝にはまっている部分です。ソーチェーンの内側に三角形のような「足」が並んでいることがわかりますね。このパーツのことを「ドライブリンク」と呼びます。

 

 

ドライブリンクとは

 

ソーチェーンのドライブリンク

 

 

ドライブリンクの数(チェーンの長さ)を数えてください。

「ドライブリンクの数」のことを「足の数」または「コマ数」などとも言います。

 

さっそく「ドライブリンク」の数を数えてみましょう。(数え始めをマーキングしておくと便利です)

下記の写真のように、1つづつ数えます。この写真の場合、ドライブリンクが68個ありますので、チェーンの長さは「68」ということが分かりました。

 

 

チェーンの長さとは

 

 

 

それでは、次にチェーンタイプを明らかにしましょう!

 

 

 

STEP2 「チェーンタイプ」を調べる

チェーンタイプの調べ方は、下記の2通りです。

 

1)ソーチェーンの刻印からチェーンタイプを確認する

2)ガイドバーでピッチとゲージを見てチェーンタイプを見つける

 

 

1)ソーチェーンの刻印からチェーンタイプを確認する

ドライブリンクに刻印されている数字がチェーンタイプを意味します。下の写真の場合「チェーンタイプは21」となります。簡単に分かりましたね!

チェーンタイプには、25APタイプ、91PXまたは91VXLタイプ、21BPXタイプなどがあります。下記画像の場合、チェーンタイプは21BPとなります。

 

ドライブリンクとは

 

 

 

 

 

 

2)ガイドバーでピッチとゲージを見てチェーンタイプを見つける

手元にソーチェーンが無い場合でも調べることができます。外したガイドバーの根元あたり(本体に取り付ける方)を観察しましょう。小さな字ですが、刻印もしくは印刷でいろんな英数字が書いてあると思います。メーカーによって多少の違いはありますが、共通の数字がありますのでそれらをヒントにしていきます。

 

 

ピッチ

ソーチェーンの品番(規格)で大事な数字に「ピッチ」があります。ピッチとは、足と足の間の距離です。1/4” 3/8” .325” .404”の4種類があります。ピッチによって大まかなソーチェンの種類もわかります。

 

 

ゲージ

次に「ゲージ」があります。ゲージとは、構成する鉄板の厚みです。いわゆる「足」の厚みですので、ガイドバーの「溝」の幅になります。.043” .050” .058” .063”の4種類があります。この「ピッチ」と「ゲージ」がわかれば、同じ品番(規格)のソーチェーンを選ぶことができます。

 

同じ品番(規格)のソーチェーンも、ソーチェーンメーカーに依って表記が違ったり特徴が異なったりします。ソーチェーンの互換表から該当する項目をご確認ください。

 

OREGONソーチェーン互換表

 

その中でも、オレゴン社製のソーチェーンを選べば問題ありません。あまり不自然に安いソーチェーンは、切れ味が悪かったり、長持ちしなかったり、チェーン自体が断裂しやすかったりしますのでお気をつけください。

 

 

 

 

STEP3 ソーチェーンの品番(規格)を確定する

「チェーンタイプ」と「ドライブリンクの数」を組み合わせると「品番(規格)」になります。今回使用した写真の場合、チェーンタイプが21で、ドライブリンクの数が68ですので【21BP-68】となります。また、注文する際、商品名のなかにこの品番があり、末尾に「E」「EC」「EJ」などアルファベットがつきます。これはメーカーパッケージの違いで、からご安心ください。

 

ドライブリンクとは

チェーンの長さとは

 

 

 

 

以上、選ぶべきソーチェーンの品番(規格)は分かりましたでしょうか?

 

 

それでは皆様、正しい選択で、快適なチェンソーライフを!

 

 

 

下記は今後更新予定の内容です。お楽しみに!

 

ソーチェーン替刃について

ソーチェーンの交換方法

ソーチェーンの適合表

ソーチェーンの目立てについて

ソーチェーンの種類ソーチェーン互換性

オレゴンソーチェーンについて

ソーチェーンのサイズについて

ソーチェーンの寿命について

ソーチェーンのお手入れ

 

 

ソーチェーンならお任せ!山林機器プロショップ | ヒットショー

ヒットショー

飛騨小坂の創業75年山林機器プロショップ【ヒットショー】は、代表的ソーチェンブランドOREGON正規販売店です。ソーチェン替え刃やメンテナンス用品、安全くさび、3枚刃、オイル、防護服、マイティーブーツ等をご用意しております。お役立ち情報も随時発信中!初心者の方もまずは一度、お気軽にお問い合わせ下さい。

屋号 有限会社ヒット商会
住所 〒509-3105
岐阜県下呂市小坂町坂下30
営業時間 平日9:00~17:00
定休日:土日祝日
代表者名 今井 健(イマイ ケン)
E-mail info@hittoshow.com
電話番号 / FAX番号 0576-62-3993 / 0576-62-2338
ウェブサイト https://hittoshow.com/

コメントは受け付けていません。

特集

ヒットショー 飛騨小坂の創業75年山林機器プロショップ【ヒットショー】は、代表的ソーチェンブランドOREGON正規販売店です。ソーチェン替え刃やメンテナンス用品、安全くさび、3枚刃、オイル、防護服、マイティーブーツ等をご用意しております。お役立ち情報も随時発信中!初心者の方もまずは一度、お気軽にお問い合わせ下さい。

〒509-3105
岐阜県下呂市小坂町坂下30

0576-62-3993

0576-62-2338

平日9:00~17:00
定休日:土日祝日