ヒットショー 飛騨小坂の創業75年山林機器プロショップ【ヒットショー】は、代表的ソーチェンブランドOREGON正規販売店です。ソーチェン替え刃やメンテナンス用品、安全くさび、3枚刃、オイル、防護服、マイティーブーツ等をご用意しております。お役立ち情報も随時発信中!初心者の方もまずは一度、お気軽にお問い合わせ下さい。

ソーチェーンの目立て方法

目立てとは何ですか?

 

チェーンソーを使っていると「最近切れが悪いなぁ。」という状況になることがあります。これは、ソーチェーンの刃が切削を繰り返すことでだんだんと丸くなってしまうことから起こります。。

 

また、石など硬いモノに当たったりすると、すぐに切れなくなってしまうこともあります。そういった場合に行うのが「刃の目立て」です。「目立て」をは、刃を研ぐことです。

 

目立て機や目立てやすりを使って自分自身で目立てを行う場合もありますし、また、目立て屋やプロショップなどで目立てを依頼することも可能です。正しく目立てを行うことで、再びソーチェーンの切れ味が良くなりますので、正しい目立て方法や目立て業者を知ることはとても大切になります。

 

 

どのように目立てすればよいですか?

 

目立てを考えた場合、まずはお手元のソーチェーンをチェックしてください。

 

◆ 目立て前のチェック事項

 

□ ドライブリンクは曲がっていませんか?

□ ドライブリンクがすり減ったり(摩耗)破損していませんか?

□カッターやタイストラップが、破損・摩耗していませんか?

□ 緩いリベットはありませんか?また、リベットは破損・摩耗しませんか?

 

上記をご確認いただき、故障した部分がある場合には部品交換が必要となります。販売店へ持ち込んでいただくか、ソーチェーンそのものを新しく交換してください。

 

 

◆ 目立ての方法

 

★必ず適切な目立てヤスリや目立て機を使ってください。

 

1.常に上刃(トップ プレート)よりヤスリの直径の1/5(20%)が高くなるよう保ってください。ヤスリホルダーを使用するとこの位置にヤスリを保つことが容易にできます。

 

 

 

2.ヤスリホルダーの目印線とチェーンを平行に置いて、上刃(トップ プレート)のヤスリ角度を正しく守ってください。

 

 

3.最初にチェーンの片側を目立てしてください。各カッターの内側から外側へヤスリをかけてください。そして、チェンソーの位置を反対側へ180度向きを変え、もう一方のカッターを目立てしてください。

 

 

4.上刃(トップ プレート)または横刃(サイド プレート)のクローム表面が破損している場合は、その破損部分がなくなるまで目立てをしてください。

 

 

 

 

 

5.それぞれのカッターは同じ長さを保ってください。

 

 

 

 

 

注:ローキックバック対応のバンパータイストラップとバンパードライブリンクに目立てをしたり、変更をしたりしないでください。

 

 

ソーチェーンならお任せ!山林機器プロショップ | ヒットショー

ヒットショー

飛騨小坂の創業75年山林機器プロショップ【ヒットショー】は、代表的ソーチェンブランドOREGON正規販売店です。ソーチェン替え刃やメンテナンス用品、安全くさび、3枚刃、オイル、防護服、マイティーブーツ等をご用意しております。お役立ち情報も随時発信中!初心者の方もまずは一度、お気軽にお問い合わせ下さい。

屋号 有限会社ヒット商会
住所 〒509-3105
岐阜県下呂市小坂町坂下30
営業時間 平日9:00~17:00
定休日:土日祝日
代表者名 今井 健(イマイ ケン)
E-mail info@hittoshow.com
電話番号 / FAX番号 0576-62-3993 / 0576-62-2338
ウェブサイト https://hittoshow.com/

コメントは受け付けていません。

特集

ヒットショー 飛騨小坂の創業75年山林機器プロショップ【ヒットショー】は、代表的ソーチェンブランドOREGON正規販売店です。ソーチェン替え刃やメンテナンス用品、安全くさび、3枚刃、オイル、防護服、マイティーブーツ等をご用意しております。お役立ち情報も随時発信中!初心者の方もまずは一度、お気軽にお問い合わせ下さい。

〒509-3105
岐阜県下呂市小坂町坂下30

0576-62-3993

0576-62-2338

平日9:00~17:00
定休日:土日祝日